• HOME
  • トピックス
  • トピックス
  • 注目の「100円おせち」の盛付け例をご紹介!可愛い干支の「イノシシ」の作り方も

2018年12月03日

注目の「100円おせち」の盛付け例をご紹介!可愛い干支の「イノシシ」の作り方も

全国のローソンストア100の店舗で、12月25日(火)より発売となる「100円おせち」シリーズ。
好きなものを好きなだけ買えるので、盛付けも自由にアレンジできます。

料理研究家・カワイイ食卓研究家、インスタグラマーとしてもご活躍中の小林睦美さん監修による、「100円おせち」盛付け例をご紹介します。
簡単にできるのに、とってもSNS映えする!100円おせちの盛付けをぜひお楽しみください。




■インスタ映えおせちパフェ

100円おせち×12種類=1,200円(税込1,296円)

材料:御蒲鉾(赤) 伊達巻 黒豆 味付け数の子 栗甘露煮 一口鰊昆布巻き わさび本漬 切り千枚 いか黄金 ほたてわさび 数の子松前 寿なると(赤)

盛付けのポイント:
パフェグラスや、ご家庭にある背の高いグラスに、おせちで層をつくるように盛っていきます。
最初に寿なるとをグラスの内側から貼り付けるようにしておくと、きれいに見えます。




■バブリーおせち重

100円おせち×28種類=2,800円(税込3,024円)

材料:わかさぎ あさり えび甘露煮 塩数の子 味付け数の子 炙り焼き合鴨スライス 御蒲鉾(白)御蒲鉾(赤) ふぐ蒲 伊達巻 寿なると 寿なると(赤) 鮭昆布巻 鰊昆布巻 一口鰊昆布巻 つぶつぶ栗きんとん 栗甘露煮 黒豆 厚焼きたまご 田作り 数の子松前 いか明太 いか黄金 つぶ貝わさび ほたてわさび わさび本漬 切り千枚 なます漬

盛付けのポイント:
100円おせちを全種類、豪華に重箱に詰めました。アルミカップや小さな器、ピック等を使うと盛付けしやすいです。
松の葉や南天などを添えると、彩り良く仕上がります!




■干支の「イノシシ」がのった、ファミリーセットおせち

100円おせち×8種類=800円(税込864円)


材料:黒豆 伊達巻 栗甘露煮 厚焼きたまご 炙り焼き合鴨スライス 御蒲鉾(赤) 御蒲鉾(白) えび甘露煮

盛付けのポイント:
同じ材料ですが、大人向け(黒い皿)と子供向け(白い皿)で盛付けを変えています。
伊達巻や蒲鉾で干支の「イノシシ」を作れば、子供もきっと大喜び。作り方は簡単です。


<伊達巻イノシシの作り方>

伊達巻の上に、ウィンナーで作った耳と鼻を置き、目と鼻の穴、おでこの線は海苔を切って乗せました。
ウィンナーの代わりに、チーズや薄く切った蒲鉾でもOKです。

<蒲鉾イノシシの作り方>

蒲鉾の上に、黒豆を置き耳にしました。
鼻はスライスチーズを丸く切って、その上に海苔をのせて鼻の穴を表現しました。
目とおでこの模様も海苔で作ります。チーズの代わりに、蒲鉾を薄く切ったものでもOKです。




■パーティーが盛り上がることうけあい!おせちケーキ

100円おせち×8種18品=1,800円(税込1,944円)
材料:御蒲鉾(赤)×3  御蒲鉾(白)×3  伊達巻×3  鮭昆布巻×4  栗甘露煮×2  黒豆×1  寿なると(赤)×1  寿なると(白)×1

盛付けのポイント:
中心は鮭昆布巻を筒のように立て、その周りに伊達巻を、さらにその周りを紅白の蒲鉾で囲みました。
外側はきゅうりを薄くスライスして作ったリボンを留めています。
ケーキのトップの部分には黒豆と栗甘露煮を盛付けて高さを出し、寿なるとや蒲鉾で作ったバラの花で華やかさをだしました。


<蒲鉾のバラの花の作り方>

① 蒲鉾を薄くスライスします


② 一枚を巻いて、芯にします


③ 芯の周りに、薄く切った蒲鉾を重ねて巻いていきます


④ ピックで留めれば完成です





■基本のセット「ワンコイン・ワンプレートおせち」

100円おせち×5種類=500円(税込540円)

材料:御蒲鉾(赤) ふぐ蒲 伊達巻 黒豆 つぶつぶ栗きんとん



100円おせち×5種類=500円(税込540円)

材料:御蒲鉾(赤) 伊達巻 黒豆 田作り 一口鰊昆布巻

盛付けのポイント:
ワンプレートおせちの盛付けは、和風のお皿はもちろん、普段使っている洋風のお皿でもOKです。
黒豆や栗きんとんは、小さな器にいれてからお皿にのせると立体感が生まれます。
伊達巻と栗きんとんは同じ「黄色」なので重ならないように対角線上に盛付けます。
蒲鉾(赤)とふぐ蒲は交互に置きます。少しずらすだけでリズムが生まれぐっと映えます。
「赤」や「緑」の色を加えると美しく仕上がります。



<簡単な蒲鉾の飾り切り>
●うさぎ

① 蒲鉾の外側に半分ほど切り込みを入れ耳の部分を作る
② 耳の部分を2本に分け、くるりとまるめ端を挟み込む
③ ゴマや海苔などで目をつけて完成

●市松

① 蒲鉾の赤・白を同じ厚さに切る
② 真ん中からカットする
③ 互い違いに組み合わせて完成

●あやめ

① 下の部分を残して2~3㎜の厚さに切り込みを入れる
② 真ん中の1枚を1/3残して、下の部分から切り離す
③ 両端の2枚を②と反対側から1/3残して切り離す
④ 真ん中と両端を折り込んで完成




100円おせち盛付け監修 小林睦美さん(料理研究家/インスタグラマー)

料理研究家・カワイイ食卓研究家であり、3児の母。「カワイイを食卓に」をモットーに、日々食卓でヒロインになる料理とスイーツを研究・発信。
テレビ出演、料理本、企業コラボ、コラム執筆、インスタグラマーなど活動の幅を広げている。自身のインスタグラムでは、約2万人のフォロワーを持つ。

・Instagramアカウント : @kobayashi.mutsumi

ページトップへ