2021年06月07日いま話題のスイーツ「マリトッツォ」が100円で登場! 「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」6月9日(水)新発売

株式会社ローソンストア100(東京都品川区)では話題沸騰中のスイーツ「マリトッツォ」をオリジナルで商品開発し、「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」として6月9日(水)より、全国のローソンストア100(店舗数:675店舗/2021年4月末現在)にて1個100円(税込108円)で発売します。

『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』 本体価格100円(税込108円)

■話題沸騰中!イタリア・ローマ発祥の注目スイーツ「マリトッツォ」
「マリトッツォ」は、バターや牛乳を使用したブリオッシュ生地のパンに、クリームをぎっしりと挟んだイタリア・ローマの伝統的スイーツです。
現地では、カプチーノなどの飲み物と一緒に朝食としても親しまれています。
日本でもベーカリー店などで販売され始め、特に女性を中心に人気が広がりつつある2021年注目のスイーツです。


■100円(税込108円)で「マリトッツォ」を実現!
ローソンストア100のオリジナルスイーツ『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』は、ほんのりバター風味のブリオッシュパンに、削りチョコ入りの軽やかなホイップクリームをサンドしています。
話題沸騰中の「マリトッツォ」を手軽に楽しんでいただきたいという想いから、1個100円(税込108円)で販売します。

なぜ100円でできるのか?その秘密は「製造工程の簡略化」にあります。
専門店などで作っているマリトッツォは、クリームを詰めた後にヘラで表面を滑らかに整えている場合が多いですが、ローソンストア100のマリトッツォは、その「クリームの表面を整える」という工程を省き、クリームを絞り入れて完成、という方法を採用しました。
製造工程を減らすことで、より少人数でより多くの商品を製造できるように工夫をしています。

更に、クリームを詰めてからフルーツやチョコレートなどをトッピングすると、やはり工程が一つ増えるため、あらかじめクリームにチョコレートを混ぜ込んでおくことで、トッピングという工程を減らしました。
クリーム全体にチョコレートが混ざっているため、どこを食べても美味しい、という嬉しい副産物も生まれました。


■クリームのこだわり
『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』は、なんといってもクリームが売りです。
軽やかなホイップクリームに削りチョコが絶妙なバランスで入っています。
実は、開発当初は常温でも販売可能なクリームを使い、菓子パンとしての展開を考えていました。
しかし、パンにバランス良く合うクリームを追及し、何度も試食を繰り返した結果、ケーキなど要冷のデザートに使用するホイップクリームを採用することになりました。
見た目のボリュームに反して、クリームがあっさりとした味わいで、最後の一口まで食べ飽きることなくお召しあがりいただけます。

まずはそのままお召し上がりいただき、こだわりの詰まった『マリトッツォ(チョコ入りホイップ)』の味わいを存分にお楽しみください。
2回目、3回目以降はバナナやオレンジなどのフルーツをトッピングしたり、ナッツやチョコチップを加えて食感を足したりとお好みのアレンジでお召し上がりいただくのもおすすめです。



<パッケージ画像>

※パンではなく要冷デザートとなるため、冷ケース(デザート売場)での販売となります。


※記載の税込価格は軽減税率に準じます。イートイン利用時は標準税率(10%)が適用されます。
※一部店舗では取り扱いがない場合がございます。
※画像はすべてイメージです。 
※パッケージデザインは変更になる場合があります。



この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

トピックスメニュー

ローソングループ

  • コンビニエンスストア「ローソン」
  • 美と健康を考えたライフスタイルを身近でサポートする新しいコンビニ「ナチュラルローソン」
  • 本・CD・DVD・ブルーレイ・グッズの通販はHMV&BOOKS online
  • チケットの予約はローソンチケット
  • 映画情報が満載 ユナイテッド・シネマ
  • 国内旅行のローソントラベル
  • 直輸入ワイン、チーズ、自家製惣菜、生鮮食品、輸入菓子のスーパーマーケット成城石井